1000円カットでの耳カット事件

小学校高学年の息子の髪を今も私が切っています。

たいがいの子は1000円カットとか床屋さんとか通うような年ごろだと思うんですけどね。

何年か前に1000円カットで耳を切られたことがあり、それから嫌になったようで私が切っています。

朝一に行ったものだからハサミの切れもよく、すぱーんと耳の上部が削れてしまいました。

切り傷ってぎざぎざのほうが意外とくっつくの早いのですよね。

カッターで切ったみたいな綺麗な傷だとぱっくりしすぎてすぐ開いてしまうのです。

しかしそいでしまったものは穴がだんだん小さくなるまで時間がかかったのでトータル1カ月くらいかかったと思います。

1000円カットの男性は謝ってはくれましたが、うちの子が動いたから切ってしまったと言い訳してました。

カット代は無料になったけど、なんだかなぁという気持ちになりました。

めんどうなので文句は言いませんでしたけど、うるさい人はうるさいでしょうね。

相手も人間ですから、そんなこともあることでしょう。

家で髪を切ると髪の毛の始末が大変なんですよね。

冬場の乾燥してるときは静電気で私の腕にも切った髪の毛が貼りついてきてほんとに大変です。

もう少ししゃれっ気がでてきたらお店で切りたいと言い出すでしょうか。

前は旦那の髪の毛も切っていましたが、ツーブロックにしたいと言い出して、無理と言ったらお店に行くようになりました。

助かりました。