ゲッターズ飯田さんの五星三心占いがよく当たっている件。

色んな開運アドバイザーの本を読み漁っています。自分のこれからをより良くしたいことが目的で、誰だってそう考えていると思います。しかし、自分に合わないなと思う考えは取り入れないこともあります。鵜呑みにすることは大変危険ですし、誰の責任?というと実行してしまった自分の責任だからです。人生の道しるべ的に読み漁っている訳ですが、前から気になっていたゲッターズ飯田さんの「裏運気の超え方」という本を先日、読み終わりました。

五星三心占いと言う独特の分析をするゲッターズ飯田さん。電車の中刷りで「金のイルカ」などと見た際には、よく分からない?胡散臭いなと思ってしまい、やや敬遠してしまっていました。食わず嫌いという言葉があるように、一度読んでみるかという気持ちで読み始めたのですが、じつに道しるべとなる考えが多い!運が悪く、立て続けに悪いことが重なる時期ってあります。私は今、その真っただ中で一度は気持ちが折れそうになっていました。ゲッターズさん的には「これを乗り越えると必ず次に良い事が起こる前触れ。悪過ぎれば、次に大きな良い事が待っている暗示」と言います。問題なのは、何もなく平坦すぎることだと言うのです。運が良く、良い事が重なる時期には自分の為だけではなく人の為に費やすこと。こうして徳をため、裏運気に入ったら、この積んだ徳により、他人に助けられる時期だと続けて言います。

こうして人との絆、助け助けられという言葉があるのだなと納得がいきます。最後のページにあった五星三心占いで私は「金のカメレオン」。金のカメレオンについての性格もよく当たっています。そして自分の欲を表す命数表を見ると「創造欲」でした。確かに私は、クリエイトすることが大好きです。食べていけるならマルチクリエイターが天職なのではないかと思います。お金、食などの欲は突き詰めていくとあまりないことが年を重ねていくうちに分かってきました。この本を読み、なぜゲッターズ飯田さんは人気があるのか?マスコミに引っ張りだこなのか答えが出ました。ズバリ!当てているからです!